ミニオン愛し隊

ミニオンについてつれづれと語ってるブログ

# カウントダウン

カウントダウンタイマー

# 怪盗グルーシリーズ

# フリーエリア

宝の山トークン登場



いつのまにかショップに【宝の山トークン】が登場。これは映画「ミニオンズ」でスカーレットがケビンたちに披露した宝の山を元にした商品でしょうか。 

ただ【金庫いっぱいのトークン】よりはるかに高いお値段なので、ちょっと考えてしまいます。





最近トークンセールはとんとご無沙汰ですが、コスチューム関連も映画「ミニオンズ」公開に合わせて新コスチューム登場?と思いきや、結局登場しませんでしたね。

もうすぐハロウィンシーズンなので、コスチューム・フランケンシュタインやコスチューム・バンパイアあたりがまた限定販売されるのでしょうが、そろそろ新しいコスチュームをお願いします。「ミニオンズ」ではかなりの数のコスチュームが出てきたので、新種を考えるには困らないと思うのですが…。個人的に新コスチュームは、キングボブな王様衣装かロンドン塔に入ったときの旅行者衣装希望。




スポンサーサイト

Minions (Original Motion Picture Soundtrack)



「Minions」のサントラがすでに発売されています。グッズ関連は映画館やお店で大量に発売されていますが、音楽CD関連は日本では発売されないのでしょうか。 









ちなみにAmazonのミュージックストアではデジタルミュージックの取扱いがあります。

アルバムで一括購入、気に入った曲を単品で購入…といろいろな買い方が選べます。買ってすぐに聴けるのが便利。ただAmazonのデジタルミュージックは支払方法がクレジットカード決済かアマゾン商品券のみというのが残念です。ちなみに僕はコンビニでAmazonギフト券を購入してそれで買いました。









Minions (Original Motion Picture Soundtrack) 」のページでは視聴もできるので必聴です。





Universal Fanfare 」は映画開始前(ユニバーサルのロゴが出る画面)でミニオンたちがユニバーサルの音楽を歌っている場面の曲ですが、これもしっかり収録されていて感激もの。



Make 'em Laugh 」は留守中のミニオンたちが新しいボスを歓迎する宴で歌っていた曲ですが、何故か映画中の会話(宴の最中にケビンから電話がかかってきてミニオンが電話を受け取って話している部分)もしっかり収録されています(^^;)。台詞なしのバージョンも入れてほしかったなあと思いつつ、これはこれであの場面を思い出してにやりとしてしまいます。視聴でばっちり聴けますのでご確認ください。

  

映画を観た後に聴くと、これはあのときのシーンの曲だと思えて思いいれもひとしお。

ただ映画中で使われた楽曲すべてを収録しているわけではないのが惜しいアルバムだと思いました。

ミニオンたちが英国を目指して旅をしている間に流れていた曲「THE LETTER」も入ってないようなので…(曲に合わせてミニオンたちが扇子もって『おしり~おしり~おしり~おしり~』と言って踊ってるのが面白かったのですが)。






日本語吹替版(2D)を観てきました(4回目) ※ネタバレ感想あり

 

TOHOシネマズ新宿で日本語吹替版を鑑賞。これで4回目の鑑賞になりますが、何度観ても面白いです。ミニオンたちを大画面で、ポップコーンやジュースを飲み食いしながら観れるという贅沢すぎる時間でした。やはり映画は劇場で鑑賞するのがいいものだと今さらながら思いました。





3D日本語吹替版を観たいとも思いましたが、新宿では3D日本語吹替版を上映している劇場は新宿ピカデリーと新宿バルト9だけで、新宿ピカデリーは目当ての席は予約不可、新宿バルト9は土日の混雑がすごいとの感想(他にも移動が大変等)をよく見かけるので、慣れているTOHOシネマズ新宿で鑑賞しました。





土曜の9:00~の回でしたが、観客は20人くらいでけっこうがらがらでした。他の人たちは真ん中から後ろに座っていて、最前列は僕だけだったので気楽に観れました。

今回はスタッフロール~最後の全員総登場シーンが終わって(映画が完全に終わって)劇場が明るくなるまで誰も帰ろうとしなかったので、もしかして全員同類の方(リピーター)?とか思ってしまいました。




 日本語吹替版は試写会で見たとき以来でしたが、やっぱりこちらも面白いです。字幕だと場面によってはキャラクターの顔に字幕がかぶっちゃってるときがあるのですが、吹替は文字で画面が隠れることがないので、めいっぱい各場面を楽しめました。



個人的に吹替では女性陣の声、特にスカーレットとマージの声がすごくよくてお気に入りです。



悪党一家のママ・マージさんの台詞『見つかるといいわね、探し物』が優しいお母さんという雰囲気が伝わってきてちょっと癒されました。多分この台詞には、マージの声を演じているLiSAさんのミニオンへの愛情も含まれているのでしょう。

  

スカーレットも、ケビンたちと敵対した後の意地悪な声と台詞がもうかっこよすぎてしびれます。

ケビンたちのせいでシャンデリアの下敷きになったものの復活したスカーレットが、すごい形相で『殺そうとしたわね~!』と死刑執行とばかりに悪党たちにケビンたちを捕まえるように命じる場面が迫力満点でした。ケビンと戦っているときのスカーレットの台詞もノリノリで、字幕版と違った面白さだと改めて実感。個人的に天海祐希さんは【ドラマ・女信長】のイメージが強いので、あのドラマで見せてくれた鬼神のごとき迫力を声からひしひしと感じました。




そんなこんなで、今回もいろんな場面をじっくり見直してミニオン映画を満喫。ミニオン大移動の場面もじっくり見直して、どんな状況も楽しむ彼らの前向きな様子にまたまた和まされていただきました。英国に行くつもりが、オーストラリアへ行ってしまい、その後日本へ…とあちこち移動する様子が見れますが、日本で扇子を持ちながら踊っている場面が可愛くて可愛くて…。





できれば毎日でも見に行きたいのですが、金銭的にも今回で劇場に観にいくのは最後になります(遠い目)。4回も見たのにまだまだ見たりないです。多い人はもっと見にいっているようなので、そこまでさせる「ミニオンズ」は本当にすごい映画だと思います。



「ミニオンズ」製作スタッフの皆様、素晴らしい映画をどうもありがとうございました。夏の最後にいい思い出ができました。


ミニオン人気投票の結果







ミニオン人気投票の1位はケビン。スチュアートは最後の最後で追い上げて2位になり、3位はボブ。



ケビンはいつも先頭に立ちスチュアートとボブを引っ張る兄貴分、スチュアートはケビンとボブの中間にいて好き勝手やっているイメージ、ボブはケビンとスチュアートの後ろを追いかけているorケビンとスチュアートの背中に隠れているイメージがあるので、3人の関係がそのまま人気投票に反映されているなあと思いました。




ハーブについての感想 ※ネタバレ





今回のケビンたちのボス・スカーレットの夫ハーブ。最初はケビンたちに好意的に接してくれて発明品を与えたりしますが、ボブの即位を知って、スカーレットのために作った発明品をケビンたちに利用されたと思い、スカーレットと同じくケビンたちの敵になります。



ケビンたちを拷問しようとして逆に遊ばれてしまって、それでもクールに決めようとするなど、キザ系だけどギャグ要素も持っているキャラクター。でもそれだけじゃなくて、捕まえたスチュアートとボブをスカーレットと一緒になって楽しげに爆弾で処刑しようとするなど、やっぱり悪党なんですね。



ただハーブはスカーレットの悪事を支える愛妻家(グルーを支えるネファリオ博士みたいなポジション)なのでそういったところが憎めないです。スカーレットがシャンデリアの下敷きになったときもスカーレットのことを心底心配してましたし。天才で発明家でイケメンで奥さん思い、スカーレットでなくてもうれしいため息がでてしまう理想の夫だと思いました。

スカーレットとハーブのいちゃつきシーンは、どのシーンもあまりのラブラブぶりに見てて微笑ましいです。



グルーに氷漬けにされた後はスカーレットともども逮捕されたと思いますが、脱獄してスカーレットと一緒に悪党夫婦として生きていってほしいです。

というか新作は若き日のグルー&ミニオンズ対スカーレット&ハーブの物語をぜひ!





最後に…。

この特典(ぷにゅぷにゅストラップ)予告動画のナレーションはハーブだったんですね。ハーブ節が炸裂していて聞いてて面白いです。


テレビ放映していたのを見ました






ミニオンたちが怪盗グルーと月を盗む!怪盗グルーシリーズの記念すべき第1作目『怪盗グルーの月泥棒』がフジテレビでOA決定!放送日程:8/23(日)13:00~14:55


Posted by ミニオン on 2015年8月16日







ブルーレイをもっていますが、放映されていた「怪盗グルーの月泥棒」を最初から最後まで見ていました。やっぱり面白いですね。

 

ミニオンファンとしてはやっぱりミニオンたちに目がいってしまいます。お気に入りはミニオンたちがグルーにおやすみのキスをねだる場面。グルーが断ったときのミニオンたちの反応や表情がそれぞれ違っていて、本当に細かいところまで丁寧に作っていると実感します。

 

ただ「ミニオンズ」を見てしまうと、ミニオンたちの出番が少ないなあとついつい思ってしまいます。「怪盗グルー」シリーズは主人公はグルーで、ミニオンたちは脇役ポジションなので仕方ないのですけど、やはり「ミニオンズ」を見てしまうとミニオンたちの登場回数は物足りなく感じてしまいます。



グルーとマーゴたち三姉妹の話は「怪盗グルーの月泥棒」と「怪盗グルーのミニオン危機一発」でいい感じでまとまって終わっているので、 もし「怪盗グルー」の続編が出るとしたら、若き日のグルーとケビンたちメインの話希望です。 


キングボブ


「Minions」のFacebookページでは映画中の様々なシーンが動画公開されています。

これは王様ボブことキングボブ活躍のシーンですね。王様権限で衛兵を自分好みのスタイルにして大喜びする様子もかわいすぎます。








テーマ:怪盗グルー・ミニオン - ジャンル:映画

3D日本語字幕版を観てきました(3回目) ※ネタバレ感想あり



またまた3D日本語字幕版を観てきました。ブルーレイが発売されても3D映画は自宅では鑑賞できないこと、大画面でポップコーンを食べながら大好きな映画を見る贅沢な時間を楽しみたいという気持ちもありました。





前回観た時と字幕が一部変わっていてそこも興味深かったです。

スカーレットにグルーが言い返す場面の台詞は、前回観たとき『そんなことないもんね~』でしたが、今回観たときは『もう違うよ』になっていました。字幕もこそっと改良(差し替え)されているようで、こういったところにも制作側のこだわりが感じられました。





ボブはやっぱり可愛いですね。ボス探しの旅に必死に立候補したり、洋服のバナナの柄に惹かれて知らない人についていって迷子になったのに気づかずのん気に街を散策したり、デパートのドレッサールームの鏡に映った自分を仲間と勘違いして駆け寄ってそれが自分だとわかったときのしょんぼりする様子とか、ベッドではかならずぽんぽん飛び跳ねて楽しんでるところとか、何から何まで本当に可愛すぎます。





スチュアートもレコードショップのレコードのジャケットを見て妄想するところとか、エリザベス女王との場面とか、王宮のバスルームで悪ノリしているところが、いい味出してました。ケビンとボブの影に隠れがちですが、要所要所でギャグキャラとして目立ってますね。





そして主人公筆頭のケビン。映画を見るごとにケビンって本当に勇敢で頼りになるお兄さんって思います。スカーレットから仲間たちを守るために戦う様子は何度見ても感動もの。エリザベス女王からナイトの称号を与えられたのも納得です。





ケビンの仲間思いで頼もしいところ、スチュアートの奔放なギャグキャラぶり、ボブの可愛さは、何度見ても飽きないです。







ちなみに上映開始からまだ一ヶ月もしてませんが、劇場販売商品は大半が売り切れてしまったらしく、パタパタメモとパンフレットぐらいしか売っていませんでした。ミニオン人気すごすぎます。


シネマイクポップコーン・キャラメルバナナ味

 

同じくTOHOシネマズ販売のプレミアムキャラメルポップコーンほどしっかり味付けしてないけど(あっちはコーティングして念入りに味付けしている感じ)、ちゃんとキャラメルバナナなお味でした。

 



ちなみに他にも、TOHOシネマズ限定販売のストラップ付きドリンクカップという商品もありましたが、早々に売り切れになってしまったようです。ミニオン人気恐るべし。

 

 

  


ミニオンサファリをプレイ中

 

 恒例の期間限定イベント【ミニオンサファリ】をマイペースにプレイ中です。火山コース限定のイベントなので、デイブにはコスチューム・ボクサーを着せています。







ちなみに進捗は現在こんな感じです。

   

こつこつプレイすることでそれなりの報酬ももらえるので、のんびり遊んでいこうと思います。






# 検索フォーム

# 最新記事

# 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

# アクセス解析

FC2Ad