2016年01月の記事 (1/3)

WEBサーバー移設メンテナンスのお知らせ

サイトの方ですが、WEBサーバー移設メンテナンスがあって、2016年2月3日~2016年2月5日の間で数分から1日程度Webサイトが表示されない時間がありますのでご了承ください。



一応サーチエンジン等に登録していただいているので、こういったことはきちんと告知しておいた方がいいと思いまして。ちなみにブログは忍者ブログなので関係ありません。



できれば深夜にやってくれればありがたいのですが、数年に一度あるかないかのことで、プロバイダもそれだけちゃんと管理・運営しているということなので…。





ちなみに管理人はロリポップのレンタルサーバームームードメインを利用しています。

有料だと毎年料金を支払わないといけないのですが、

・広告が出ない

・もしものときもサポートしてくれる

等、サイトを運営する上での安心があるので利用しています。



特にスマホだと上下に広告が出て、クリックしてしまうこともしばしばあるので、思い切って変えました。



ブログは忍者ブログの無料ブログなので、しっかり広告が出ています。忍者ブログの有料プランは1つしか作れないうえに年間2,400円もかかるので、けっきょくあきらめて無料で利用しています。





それから管理人4月にミニオンルームに宿泊に行くことになりまして、当分はその軍資金のためにも仕事が多忙になりそうなので、ブログ更新はいつも以上にマイペースになると思います。





では楽しいミニオンファンライフをお過ごしください。














スポンサーサイト

ミニオンパークの待機アクション



ミニオンパークは待機アクションも可愛いですが、2016年1月27日のアップデート以降、ちょこっと変わっています。



ちなみに1枚目は去年開催された『スペシャルミッション:グルーの結婚式』から。2枚目は現在開催中の『スペシャルミッション:ロマンチックな季節』から。



アップデート前は目も大きくうるうるしていて、投げキッスもけっこう色っぽい表情でしてきたのですが、現在は目も通常になって全体的にセクシーさ(違)が抑えられた感じです。



この待機アクションはめっちゃ可愛くてお気に入りだっただけにちょっとがっかり…。まあ可愛いことには変わりないので、今の待機アクションを楽しみつつ遊んでいこうと思います。






スペシャルミッション:ロマンチックな季節

 

2016年1月27日のアップデートで、新しいスペシャルミッション『ロマンチックな季節』が遊べるようになりました。





最高報酬はコスチューム・キューピッドのようですね。管理人はすでにコスチューム・キューピッドを持っているので、表示されているのは2,800トークンでした(ちなみにまだ未到達)。





新しいコスチューム・スケボーミニオンも登場。ただしこれもまた【設計図】を集めないとゲットできない仕様でした…。

 

すでに所有している設計図もカウントされているところは良心的ですね。





ちなみにカール&ジェリーにも新しい帽子が登場。どうやらこの二人は帽子で能力変化ができる仕様になるようです。



コスチューム変化は主人公デイブの特権なので、お助け隊の二人は帽子だけのチェンジでいいとして、待機アクションは通常のものと同じなのはちょっと寂しいなあと思います。





これから無理せずあせらずマイペースに遊んでいこうと思います。








タワレコのプライズマシーン

 

以前タワレコにミニオンズの特集コーナーやプライズマシーンがあることを話しました。

【タワレコでは】







ボブの目もちゃんとオッドアイになっていて、細かいところにもこだわって作っているのはやはりミニオンファンとしてうれしいです。




ミニオンルームの空室状況

【ホテル ユニバーサル ポートのミニオン関連ページ】



 

 【ミニオンルームの客室検索ページ】



 

昨日から先行予約開始のミニオンルーム。昨日は空室がない状態でしたが、今は空室がちらほらありますね(さすがに土日はいっぱいですけど…)。絶対この日に泊まりたい!って人は、希望を捨てずに、毎日こまめにチェックするといいかもしれません。





ちなみにオープン初日の4月1日は、41,500円(2名からなので最低でも83,000円)という料金のせいか、空きができてますね。アトラクションとかパスとか飲み食いとかお土産代も入ると10万円以上になるのは確実なので、だったらもっと安い日に…って考え直した感じなんでしょうか。 オープン初日というのはなんともいい響きなのですけどね(^^;)。  

   

  

  

それからミニオンのパスケースつきの年間パスもあるようです。





ビードーが目立ってる可愛いデザインがいいですね(^^)。


ミニオンルームの予約状況

【ホテル ユニバーサル ポートのミニオン関連ページ】



 

 【ミニオンルームの客室検索ページ】





 

本日から先行予約開始のミニオンルーム。先ほど見てみたら大半が予約で埋まっていました。予約開始日が今日で、21時40分の時点で大半が空室なしって…。改めてミニオン人気のすごさを思い知りました。


期間2016年4月1日(金)~2016年7月20日(水)なのに、平日しか空室がない(しかも残りわずか)とは、泊まれなくて泣いたミニオンファンが大勢出そうです。期間延長とか、秋頃に再度オープンとかはないんでしょうか…。

 


しかもミニオンルームは2名様からの利用で、1名でも2名分の料金を支払わないと泊まれないんですね。料金¥16,000~と書いてあったのですが、これは4名で泊まる場合の最低料金で、結局のところ、帝国ホテルのスヌーピープラン(宿泊プラン『グランド シェフ スヌーピー』『SNOOPY!SNOOPY!SNOOPY! 』)とタメor上いく価格でございました。あっちはルーム料金なので、もしかしたらミニオンルームの方が高額…?




泊まりたいけどもう空室ないよ~(><)って人は、とりあえず別の日にするか、キャンセル待ちをしてみるのがいいかもしれないです。


明日からミニオンルームの先行予約受付開始

いよいよ明日からミニオンルームの先行予約受付開始ですね。





【ホテル ユニバーサル ポートのミニオン関連ページ】

http://www.hoteluniversalport.jp/event/10th/





ミニオンコアファンは、一番に泊まってやるぜ!とばかりに明日はきっと予約スタンバイしてるんでしょうね~。

2016年春(3月あたり?)にオープンしても、当分の間は予約でいっぱいになって泊まれないんじゃないかと思います。2016年4月30日までの期間に宿泊した人にもらえる【ミニオンルーム誕生記念プレゼント ミニオンカレンダー】をゲットできる人は本当にラッキーだと思います。





管理人もいつかミニオンルームに泊まってみたいです。


最近のミニオンズパラダイス



ホリデーイベントもホリデー仕様も終わったのですが、まだホリデー系デコレーション飾ってます。クリスマスが終わってもなかなかツリーを片付けたくないタイプだったりするので…。いいかげん撤去しないとなあと思いつつ、ずるずると続けています。







 

ホリデー系のゴラクティビティでは【スノーグローブ】が綺麗で毎回必ずミニオンに遊んでもらっています。画像はフレンチメイドが遊んでいるときのものです。ここでもスカートの中丸出しなフレンチメイドちゃん。「ミニオンラッシュ」のデイブと違って、ちゃんとスカートの中も黒タイツなのはさすがです。デイブはメイド姿をしてても、スカートの中はいつものオーバーオールという手抜きっぷりだったので(^^;)。

ちなみに以下は「ミニオンラッシュ」のコスチューム・メイド着用中のデイブ。











ゴラクティビティ【アイランドホッケー】もよかったです。

 

 

取っ組み合いの喧嘩→手をつないで仲良く氷上ダンスの流れがほのぼのしていて和みました。





ホリデーミニオンがくれたゴラクティビティはどれもいいものばかりなので、今回ゲットできなかった人のために、来年のホリデーイベントでもゲットできるようにしてほしいです。

「怪盗グルーのミニオン危機一発」パンフレット



「怪盗グルーのミニオン危機一発」パンフレットもようやく入手できました。中古なのでそりがついてますが、パンフレットの表紙も中身も状態がよくていわゆる美品だったのでうれしかったです。

 

オールカラー仕様で、パンフレット表紙はグルー&ミニオンズに三姉妹が加わった構図です。ちなみに裏表紙はミニオンたちがどんちゃん騒ぎしてるシーンの1ショットになっていて、それぞれのミニオンの動きの細かさに映画スタッフの偉大さを感じます。





ちなみに管理人、はまりたての頃は【危機一発】を【危機一髪】と間違えてました。髪じゃなくて発なんですね(^^;)。さりげないところにも製作陣のこだわりを感じられました。







パンフレットには以下の内容が掲載。



・INTRODUCTION(イントロダクション)

・CHARACTERS(キャラクター紹介)

・CAST INTERVIEWS(キャストインタビュー)

・STORY(ストーリー)

・COLUMN(映画評論家くれい響氏のコラム)

・VOICE CAST(ヴォイスキャスト)

・PRODUCITION NOTES(アニメ製作についての解説)

・FILMMAKERS(主要映画スタッフの紹介)

・スタッフ紹介と奥付(スタッフとキャストを日本語と英語でそれぞれ掲載)

・劇場販売商品のお知らせ








【CHARACTERS(キャラクター紹介)】ではグルー、ルーシー、ミニオン(フィル、ティム、トム、デイブ、カール、ケビン、ジェリー、スチュアート)、マーゴ、イディス、アグネス、ネファリオ博士、カイル、エドアルド/エル・マッチョ、アントニオ、イーブル・ミニオンについて書かれていて、紹介文に載っているさりげない設定は必見。 エドアルドは紹介文から思いっきりネタバレしてるのがなんともいえません(^^;)。





そして映画本編の日本語字幕では【スチュワート】なのに、パンフレットでは【スチュアート】と記載されているスチュワート。どっちが本当なのか混乱することがしばしばあるので、統一してほしかったです。しかも紹介画像のスチュワート(スチュアート)は一つ目なんですが髪型が違っていますし…。







恒例の【CAST INTERVIEWS(キャストインタビュー)】は今回も必見の価値ありまくりです。「怪盗グルーの月泥棒」や「ミニオンズ」のパンフレットではキャラクターへのインタビューがあって、キャラクターの知られざる情報が載っていましたが、どうやら定番記事のようですね。



今回載っているのは、グルー、ルーシー、マーゴ、イディス、アグネス、ネファリオ博士、エドアルド、アントニオでした。



ネファリオ博士のコメント、悪の業界は非常に進歩が早いから、時代遅れにならないように常に最新のトレンドに敏感であることが大切…云々がけっこう現実的で読みながら納得してました。



アグネスのコメントで、ミニオンとお茶会をしたり、バレエを踊ったり、ボードゲームをして遊ぶのが大好き…の部分を読んで、うらやましいと思った人は大勢いると思います。







キャラクターのさりげないことを知ることもできて、買ってよかった一冊でした。【劇場販売商品のお知らせ】も当時のグッズについて知ることができて読んでて面白かったです。







「怪盗グルー」シリーズファンは必携の一冊だと思いましたが、最近はまったファンには入手困難なのが本当に残念です。ミニオン関連の本、海外ではそれなりに出ているようですが、日本国内だとミニオン関連書籍はジュニアノベルくらいでしょうか。日本国内では需要ないと思われてるんでしょうか(遠い目)。


「怪盗グルーの月泥棒」パンフレット

 

先日やっと入手しました。パンフレットは劇場ではもう買えないうえ、古本屋さんでもなかなか見かけないor店頭で探すのは大変なのが難点です。



やっと読めた「怪盗グルーの月泥棒」のパンフレットですが、オールカラーで見ごたえ満点の一冊でした。







パンフレットには以下の内容が掲載。



・INTRODUCTION(イントロダクション)

・CHARACTERS(キャラクター紹介)

・STORY(ストーリー)

・REVIEW(作家瀬尾まいこ氏のレビュー)

・CAST INTERVIEW(キャストインタビュー)

・VOICE CAST(ヴォイスキャスト)

・楽曲紹介(サントラ紹介)

・PRODUCITION NOTES(アニメ製作についての解説)

・INTERVIEW WITH CHRIS MELEDANDRI(製作クリス・メレダンドリ氏のインタビュー)

・FILMMAKERS(主要映画スタッフの紹介)

・スタッフ紹介と奥付(奥付の他、スタッフとキャストを日本語と英語でそれぞれ掲載)


 







お気に入りは【CHARACTERS(キャラクター紹介)】と【CAST INTERVIEW(キャストインタビュー)】のページです。







【CHARACTERS(キャラクター紹介)】では各キャラクターの性格設定とか年齢とかが載っていて興味深いです。グルーのママ80歳、ネファリオ博士およそ150歳ですか…(^^;)。







【CAST INTERVIEW(キャストインタビュー)】ではグルー、ネファリオ博士、ベクター、三姉妹(マーゴとイディスとアグネス)、ミニオンのインタビューが載っていて、知られざる設定や好みを知ることができて満足。



特にミニオンたちのコメントは、グルーと働いて一番いいことは彼のはげ頭をこすること(グルーのはげ頭はやわらかくて赤ちゃんのおしりみたい(ミニオン談))、三姉妹とバレエをするのが好き、三姉妹が来てから隠れてティー・パーティをやらなくてすむようになった…等々、面白かったです。グルーのはげ頭が赤ちゃんのおしりみたい…って、ここにもお尻ネタが(苦笑)。





ちなみにこのパンフレットのキャラクター紹介やネファリオ博士のインタビュー等では、ミニオンはネファリオ博士がバナナから作ったことが書かれていて、今(2016年1月現在)と設定が違っていたこともわかって興味深いです。







未読の方がいたらぜひおすすめしたい一冊ですが、今では入手困難なのがとても残念です。パンフレットって中古でもなかなか出回らないようで…。いっそのこと、過去のパンフレットをまとめたムックとか発売してくれないものでしょうか。