「怪盗グルーのミニオン危機一発」パンフレット



「怪盗グルーのミニオン危機一発」パンフレットもようやく入手できました。中古なのでそりがついてますが、パンフレットの表紙も中身も状態がよくていわゆる美品だったのでうれしかったです。

 

オールカラー仕様で、パンフレット表紙はグルー&ミニオンズに三姉妹が加わった構図です。ちなみに裏表紙はミニオンたちがどんちゃん騒ぎしてるシーンの1ショットになっていて、それぞれのミニオンの動きの細かさに映画スタッフの偉大さを感じます。





ちなみに管理人、はまりたての頃は【危機一発】を【危機一髪】と間違えてました。髪じゃなくて発なんですね(^^;)。さりげないところにも製作陣のこだわりを感じられました。







パンフレットには以下の内容が掲載。



・INTRODUCTION(イントロダクション)

・CHARACTERS(キャラクター紹介)

・CAST INTERVIEWS(キャストインタビュー)

・STORY(ストーリー)

・COLUMN(映画評論家くれい響氏のコラム)

・VOICE CAST(ヴォイスキャスト)

・PRODUCITION NOTES(アニメ製作についての解説)

・FILMMAKERS(主要映画スタッフの紹介)

・スタッフ紹介と奥付(スタッフとキャストを日本語と英語でそれぞれ掲載)

・劇場販売商品のお知らせ








【CHARACTERS(キャラクター紹介)】ではグルー、ルーシー、ミニオン(フィル、ティム、トム、デイブ、カール、ケビン、ジェリー、スチュアート)、マーゴ、イディス、アグネス、ネファリオ博士、カイル、エドアルド/エル・マッチョ、アントニオ、イーブル・ミニオンについて書かれていて、紹介文に載っているさりげない設定は必見。 エドアルドは紹介文から思いっきりネタバレしてるのがなんともいえません(^^;)。





そして映画本編の日本語字幕では【スチュワート】なのに、パンフレットでは【スチュアート】と記載されているスチュワート。どっちが本当なのか混乱することがしばしばあるので、統一してほしかったです。しかも紹介画像のスチュワート(スチュアート)は一つ目なんですが髪型が違っていますし…。







恒例の【CAST INTERVIEWS(キャストインタビュー)】は今回も必見の価値ありまくりです。「怪盗グルーの月泥棒」や「ミニオンズ」のパンフレットではキャラクターへのインタビューがあって、キャラクターの知られざる情報が載っていましたが、どうやら定番記事のようですね。



今回載っているのは、グルー、ルーシー、マーゴ、イディス、アグネス、ネファリオ博士、エドアルド、アントニオでした。



ネファリオ博士のコメント、悪の業界は非常に進歩が早いから、時代遅れにならないように常に最新のトレンドに敏感であることが大切…云々がけっこう現実的で読みながら納得してました。



アグネスのコメントで、ミニオンとお茶会をしたり、バレエを踊ったり、ボードゲームをして遊ぶのが大好き…の部分を読んで、うらやましいと思った人は大勢いると思います。







キャラクターのさりげないことを知ることもできて、買ってよかった一冊でした。【劇場販売商品のお知らせ】も当時のグッズについて知ることができて読んでて面白かったです。







「怪盗グルー」シリーズファンは必携の一冊だと思いましたが、最近はまったファンには入手困難なのが本当に残念です。ミニオン関連の本、海外ではそれなりに出ているようですが、日本国内だとミニオン関連書籍はジュニアノベルくらいでしょうか。日本国内では需要ないと思われてるんでしょうか(遠い目)。


スポンサーサイト